些細を仕掛ける

目標や願望を唱えても、成就しないことがある。
多くの人が経験済みなこと。

絶対これだけは!っと思ったならば、大抵は続けるのみ、なんだけれども・・・。

「忘れてしまうこと。」これまた辛いが、うっかりしたら大変、

忘れてはいけないこと。

例えば短期的に「明日すること」なら、必ずメモに書いて、その優先順位を番号でつけて、スマホに貼りつけておく。
これはいつもやる簡単な方法。

もう少し期間を長くかけてしないと、達成できないもの。

よくある話には、
ダイエットや
健康目的の、筋トレやジョギング、新しく習うことなど。

体に直接得たいものは、やはりアナログだから、毎日少しずつ続けないと、自分の体になってくれない。
一日に少しの時間、自分に無理のない時間と量を、毎日続ける。

〇〇しよう!と、思った時は、現状をなんとか早く変えたくて、その一つを極端にハードルを上げて設定しがちなものだから、続かなくて失敗することがある。

今の自分に、高すぎる目標。

理想ばかり追い求めればこそ、非現実的になる。人によっては、耳に痛い話。


「継続」することがこんなに自分の身になるなんて!!と、実感する時が来るまでは、
自分のできることを、背伸びしすぎずに計画したほうが、続けやすい。


目標が高すぎて、結局自分に嘘をついてしまうことは、
「自分は必ず、嘘をつく人間なのだ」
と、教えこませているようなものだから。

より小さな仕掛けを自分に作れることこそ、大きな成長が得られる。

「まるでガラス玉の中に小さな宇宙空間が広がっているかのよう!」と、SNSなどで話題を呼んでいるアクセサリーがある。その名も、「宇宙ガラス」。アーティストの戸水賢志さんが制作している耐熱ガラス製のペンダントトップ&オブジェだ。一つ一つハンドメイドで作られており供給量が限られることもあって、Web抽選で定期的に一定数販売されているが、毎回応募が殺到するほどの人気だという。いったい、どんな作品なのか。また、どうやって作られているのか。「宇宙ガラス」を手がけるアーティストの戸水さんに話を伺った。

コメント